Toggle

護念院

先立たば 送るる人を待ちやせん 花の うてなの なかば残して

撮影:山田裕清氏

唐の高僧善導大師は「先立たば 送るる人を待ちやせん 花の うてなの なかば残して」とお詠みになっています。すなわち、「死に別れは一時のこと。先にお浄土に行って蓮台の半分空けて 待っていますよ」と残された者を励ましてくださいます。
それにはまず我々がお浄土に生まれることが肝心です。先に行かれた人との再会を信じて精進することを怠らなければ、間違いなくご縁深き人達と彼の国において再会することが出来る事と思います。

当院に於いても蓮の花が咲き始めました。お参りの際には、是非ご覧ください。

合掌拝

URL
TBURL

コメントする

*
*
* (公開されません)

FACEBOOK コメント

Return Top
error: