Toggle

ご案内

當麻寺について

當麻寺について

當麻寺の歴史

當麻寺の縁起に関する古文書は複数確認されていますが、このうち、橘成季が慶長6年(1245年)に著した有名な「古今著聞集」から當麻寺の縁起を抜粋します。

「當麻の寺は、推古天皇の御宇、聖徳太子の御すすめによりて、麻呂子親王の建立し給へるなり。萬法蔵院と号してすなわち御願寺になずらへられにけり。建立の後61年をへて、親王夢想によりて、本の伽藍の地を改めて、役の行者、錬行の地に遷されにけり。金堂の丈六の弥勒の御身の中に、金銅一ちゃく手半(=1ちゃく手(単位)は拇指と中指を張りたる長さ)の孔雀明王の像一体をこめ奉る。この像は行者の多年の本尊なり。また行者祈願力によりて、百済王より、四天王の像飛び来たり給ひて、金堂におはします。」

・・・用明天皇の皇子、麻呂子親王が、御兄聖徳太子の教えによって、推古天皇20年(西暦612年)に河内国交野郡山田郷に建てた「万宝蔵院禅林寺」に始まり、その後、麻呂子親王の孫である當麻真人国見が、天武天皇9年(西暦681年)に役行者錬行の地である現在の地に遷造起工し、同13年(685年)に至って諸堂が全て完成した際、百済の恵灌僧正を導師として供養し、寺号を「當麻寺」と改めました。また、この時代の豪族當麻氏の氏寺として、当初は、恵灌僧正が伝えた「三論宗」を奉じる寺でした。

そして、天平宝宇7年(763年)に蓮糸當麻曼陀羅が中将姫の手により創られたこと、弘仁14年(823年)に弘法大師・空海が留錫されたことで、一山「真言宗」となりましたが、奈良時代から平安・鎌倉期にかけては、文献的にはっきりした資料が無い空白期間とされています。

その後、藤原時代(遣唐使廃止の寛平6年(894年)から平家滅亡の養和4年(1185年)まで)には、当時勢力を誇った興福寺の末寺となり、治承4年(1180年)には源平争乱のあおりで、金堂が大破、講堂が焼き討ちに合いました。

しかし、この被害の復興が鎌倉初期から中期に及んで行われることになり、この際、中将姫の織られた「蓮糸曼陀羅」が復興の中心として、当時の「浄土信仰」と深く結びついて動き出しました。

この時代の動きとして、健保7年(1219年)に古い曼陀羅(根本曼陀羅)を転写して新曼陀羅が作られ、仁治3年(1242年)には、源頼朝の遺願として、将軍頼経はじめ多くの結縁者により新曼陀羅を安置する厨子が、更に寛元元年(1243年)に曼荼羅堂の仏壇が完成しました。

これらの動きに従って、「浄土宗」が入って来たのは当然の成り行きで、浄土霊場として、「真言宗」「浄土宗」の両宗が治める形となりました。

また、桃山時代には豊臣秀吉の庇護を受け、江戸時代には長きに渡った興福寺の支配から離れ、相当栄えたという記録が残っています。

當麻寺の堂宇:曼陀羅堂(国宝・天平-平安時代)

「伽藍の西端に建つ、東向の一番大きな建物で、別名「本堂」とも呼ばれます。寺伝では、天平時代に「千手堂(せんじゅどう)」として創建され、浄土信仰の高まりとともに貞観時代に改築され、現在の様子となっています。
本尊は、源頼朝寄進による須弥壇(国宝・鎌倉時代)に載る厨子(国宝・天平時代)の中に収められる、當麻曼陀羅(国宝・室町時代)をご本尊としているところが珍しく、堂内には他に、十一面観音菩薩立像(重要文化財・平安時代)・来迎阿弥陀如来立像(県文化財・伝恵心僧都作)などを擁しています。

曼陀羅堂のご本尊

當麻寺ご本尊の當麻曼陀羅(重文の文亀曼陀羅)と曼陀羅厨子(国宝)。この厨子を載せているのが、源頼朝が寄進した「須弥壇」(国宝)。
※天平時代の當麻曼陀羅(国宝の根本曼陀羅)は非公開

當麻寺の堂宇:金堂(重要文化財・鎌倉時代)

金堂は、平家の焼き討ちで大破し、鎌倉時代に大修理が行われています。創建当初の當麻寺は、この金堂を中心とする伽藍配置だったと推察されています。その理由は、普通、寺院建築は東西両塔の間を通ってお参りする形が一般的であり、その正面に位置するのが、金堂であるからです。しかし、現在の當麻寺は、当初、脇建物に過ぎなかった曼陀羅堂(千手堂)の改修による巨大化と、現在の山門(仁王門)からの参詣導線を考えると、金堂はどうしてもその中心になり得なかったのではないかとされています。
本尊は弥勒仏座像(国宝・白鳳時代)で、當麻寺創建時の本尊とされます。土を盛って作られた日本最古の塑像で、寺伝によれば胎内に孔雀明王の金銅小像が籠められているとされます。この弥勒菩薩をお守りするのが、北東を護る「多聞天」(重要文化財・鎌倉時代)、南東を護る「持国天」(重要文化財・白鳳時代)、南西を護る「増長天」(重要文化財・白鳳時代)、北西を護る「広目天」(重要文化財・白鳳時代)です。百済から献納されたとされ、大陸的な異国情緒を宿した風貌で、我が国四天王中の傑作とされています。

金堂の仏さま

當麻寺金堂のご本尊、弥陀仏をお守りする四天王のお一人。大陸的な風貌が特徴的の「持国天像」(重文)

當麻寺の堂宇:講堂(重要文化財・鎌倉時代)

講堂も平家の焼き討ちの際、焼失して再建されたものです。本来は、経典購読等の勤めを行う場所なので、金堂より一回り大きく造られています。創建当初の仏像は全て消失したため、現在は、諸堂・僧坊より集められた仏像が安置されています。
本尊の阿弥陀如来坐像(重要文化財・藤原時代)を始め、紅玻璃阿弥陀如来像(重要文化財・藤原時代)、妙幢菩薩立像(重要文化財・藤原時代)、阿弥陀如来坐像(重要文化財・藤原時代)、地蔵菩薩立像(重要文化財・鎌倉時代)等の仏像を擁します。

講堂の仏さま

當麻寺講堂内陣の仏像群。ご本尊は「阿弥陀如来坐像」(重文)。

當麻寺の堂宇:東西両塔(国宝・天平-弘仁時代)

日本国内で唯一、創建当時の東西両塔が現存しているのは、當麻寺だけで、共に三重の塔です。
それぞれ先端の相輪は、本来9輪あるところが、8輪しかなく、水煙も、東塔が他に類を見ない魚骨式意匠、西塔が唐草で構成した火焔型という珍しいもので、水煙意匠中、薬師寺の「飛天」と並び称されています。

當麻寺の東西両塔水煙

●當麻寺東塔
本瓦葺き三重塔。安置仏は大日如来。
高さ76尺6寸円柱上に、三手先組の肘木、上面の笹繰が優雅なカーブを描き、天平初期の様式を伝える。
初層は三間、二層・三層は二間で、各層の屋根は軒深く、非常にバランスのとれた建築美を見せる名塔。
頂上に立つ青銅製の相輪は、他に類を見ない魚骨式の珍しい意匠。

當麻寺東塔「魚骨型水煙」
當麻寺東塔「魚骨型水煙」

●當麻寺西塔
本瓦葺き三重塔。安置仏:大日如来。
高さ83尺で東塔よりも高い。
円柱上に組む三手先組の肘木は東塔のような伸びやかさが無く、斗形(ますがた)も背が高く各層共に三間で、室生寺五重の塔に非常によく似ており、天平終末期の様式を表している。
本来、同時に建築される双塔ではあるが、この西塔だけは、何らかの理由で、後に再建されたものと見なされている。
頂上に立つ青銅製の相輪は、東塔と同じく八輪であるが、水煙は唐草文様で構成した火焔形を配した見事なもので、薬師寺東塔の飛天水煙と並んで称されるほど優れた意匠である。

當麻寺西塔「火焔形水煙」
當麻寺西塔「火焔形水煙」

Return Top
error: